上期の大型不動産取引数、過去10年で最多か

不動産サービスのDTZ/クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドはこのほど、香港で上半期(1~6月)に1億HKドル(約14億600万円)以上で取引される不動産の件数が、半期として過去10年で最多となる公算が大きいと指摘した。12日付星島日報などが伝えた。 DTZによると、…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

外資系ホテルの進出相次ぐ 過去8年で3倍に、旅行者増加で(06/26)

テイクオフ:香港人の好きな旅行先で…(06/26)

サイバー被害、年320億$も 企業のデジタル化は進まず(06/26)

世界のデジタル競争力、香港は11位に後退(06/26)

科技園のトップ変更、事業方針変わらず(06/26)

発足1年の林鄭政権、住宅対策に赤点評価(06/26)

有機産品市場、今年67億$に拡大=団体予測(06/26)

経済競争力ランク、上位5都市は変わらず(06/26)

晟徳傘下の澳優、M&Aに10億ドル投資も(06/26)

商船三井、香港のLNG受入基地へ用船契約(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン