上期の大型不動産取引数、過去10年で最多か

不動産サービスのDTZ/クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドはこのほど、香港で上半期(1~6月)に1億HKドル(約14億600万円)以上で取引される不動産の件数が、半期として過去10年で最多となる公算が大きいと指摘した。12日付星島日報などが伝えた。 DTZによると、…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(19:38)

キャセイ、20年賃上げ率は2%=労組と合意(22:55)

人権法、香港経済の影響軽微 外資銀分析、優遇取り消しは困難(12/05)

11月の香港PMI38.5、SARS後で最悪(12/05)

香港系、発電事業2件に5億ドル投資へ(12/05)

IMF、19年の香港成長1.2%減と予測(12/05)

香港航空が必要資金確保か、給与支払い通知(12/05)

本土金融機関が香港人を排除か、論争盛んに(12/05)

住宅価格、来年は5%下落=英系不動産(12/05)

11月の住宅取引、前月比44%増の5756件(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン