国籍法が上院通過、監視団体は批判

カンボジア上院議会は11日、国籍法の改正法案を全会一致で可決した。監視団体は「国籍の取得が必要以上に容易になる」と警鐘を鳴らしている。プノンペン・ポスト(電子版)が12日に報じた。 国籍法の改正案は、今月上旬に国民議会(下院)を通過していた。同法は1996年に施行され…

関連国・地域: 中国ベトナムカンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ASEMは来年に延期、コロナ対応で(07/06)

コロナ破綻の事業者、労働者への補償金不要(07/06)

プラサック、韓国国民銀から1.5億ドル調達(07/06)

アンコール遺跡の入場料収入、上期は68%減(07/06)

中国物流百世、東南ア3カ国でサービス開始(07/06)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン