三菱日立PS、AIで発電所コスト1億円減

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は11日、新北市林口区で台湾電力(台電)が運営する林口発電廠(林口火力発電所)に導入しているMHPSの人工知能(AI)技術を活用したボイラー燃焼調整システムを改良し、最大で年間約1億円のコスト削減効果を実証したと発表した。 …

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾本島の最南端、墾丁…(08/22)

台湾とエルサルバドルが断交 国交17カ国に、中国が金銭で圧力(08/22)

環球晶円、下半期以降の業況を楽観視(08/22)

中国当局が環境検査、台湾PCB各社に影響も(08/22)

タイヤの正新、EVタイヤで独ベンチャーと提携(08/22)

ステンレスの允強、2Qは前期比91%の増益(08/22)

サツマイモの瓜瓜園、2020年にIPOへ(08/22)

中研院と生技中心、バイオ新薬の開発などで提携(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

上銀、ロボット用減速機の量産を加速(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン