公共投資の過大算出、1兆キープ規模

ラオスのトンルン首相は、近年実施された公共投資の見積額が、1兆キープ(約132億円)規模で過大に算出されていたと明らかにした。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 トンルン首相は「全ての公共投資を立案段階にさかのぼり、事業の必要性やコスト、完成した工事の…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

南シナ海など討議、ASEAN外相会議(01/17)

自動車輸出入と販売、組立は別事業=首相令(01/16)

ラオスからの電力300万kW購入、選定開始(01/16)

不発弾除去後に開発も、日本企業の協力訴え(01/15)

ムーディーズ、ラオスに「B3」の格付け(01/15)

象牙持ち出し疑い、ラオス国籍の男逮捕(01/15)

財政安定へ7提言、JICA実施の共同研究(01/14)

通貨キープと人民元、直接交換を開始へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン