公共投資の過大算出、1兆キープ規模

ラオスのトンルン首相は、近年実施された公共投資の見積額が、1兆キープ(約132億円)規模で過大に算出されていたと明らかにした。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 トンルン首相は「全ての公共投資を立案段階にさかのぼり、事業の必要性やコスト、完成した工事の…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

観光客向け電子ビザ発給、6月から開始(03/27)

【新ラオス法】第2回・ネガティブ事業リストの改正(03/27)

税法改正案、政府が次期国会に提出(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

商社BJC、周辺国でガラス瓶の新工場計画(03/26)

中国ラオス鉄道、初の長距離トンネル開通(03/25)

日本政府、浄水場整備などに計10億円支援(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン