• 印刷する

GST撤廃、節税効果は110億リンギ

マレーシアの税務サービス会社KPMGタックス・サービシズは、6月のGST(消費税)廃止から9月のSST(売上・サービス税)導入までの3カ月間に、約110億リンギ(約3,040億円)の免税効果が生まれると予測している。このタックスホリデー(免税措置期間)は消費が活発化して内需を押し上げると見ている。12日付スターなどが伝えた。

同社間接税部門のアドバイザーであるタン・シムキアット氏が11日明らかにしたところによると、マレーシアでは2017年に420億リンギのGST税収があった。これに基づくと、6月からSSTが導入されるまでの3カ月間の免税額は110億リンギ程度に達する見込み。これによって家計に余裕が生まれ、購買力が上がると予想している。

マレーシアでは政権交代に伴い、税率6%のGSTが6月1日付で撤廃された。これに代わり、SSTが20年ぶりに復活するが、課税開始は9月からの予定だ。

タン氏は、SSTが生産から流通の各段階で課されるGSTと異なり、生産段階で課税されるため、消費者が直接負担しない点に言及。9月以降に消費が大きく落ち込むことはないとの見方を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本は同調圧力が強い…(10/22)

日立物流、低温物流センター開設 イオンと提携で国内配送に特化(10/22)

イオン、ス州クラン店の賃貸借契約で和解(10/22)

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/22)

JAKS、再生エネ発電事業に参入へ(10/22)

KLの超高層ビル、入居契約率が10%に急減(10/22)

エムケイ、7万リンギの破格住宅の建設計画(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

政府、11月15日からSST価格も表示徹底(10/22)

ネット防御に日本協力、ASEANは取引先を警戒(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン