豪5月の企業景況感と信頼感、高水準を維持

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は12日、オーストラリアの5月の企業景況感指数と企業信頼感指数を発表した。信頼感は前月比5ポイント低下の6。景況感は前月比6ポイント低下の15となった。NABは「記録的高水準の前月から低下したものの、依然として高水準を維持している」とした。

NABは非農業部門の約400社を対象として5月23日~30日に調査を実施した。同指数はゼロポイントを超えた場合は「楽観」が「悲観」を上回っており、ゼロポイント未満は「悲観」が「楽観」を上回っていることを示す。景況感指数は現在の景況に対する満足度を示し、信頼感指数は向こう3カ月間の短期景況見通しを示している。

主要指数は、在庫が7ポイントと、4ポイント上昇した一方で、◆売上高:6ポイント低下の22◆利益:9ポイント低下の13◆雇用:5ポイント低下の8◆新規受注:1ポイント低下の4◆輸出:2ポイント低下の1――と低下した。売上高や利益、雇用の景況感は4月の上昇分を相殺したが、どれも比較的高い水準にとどまった。

州別の景況感(トレンド値)は、ビクトリア州と南オーストラリア州が20ポイントで首位。タスマニア州が18ポイント、ニューサウスウェールズ州が17ポイントと続いた。西オーストラリア州は12ポイントとやや上昇したものの、他州に後れを取っている。

NABのエコノミストは「小売部門は前月に減少したが4月に改善してわずかに楽観となったが、他の部門の景況感よりは下回る」と述べた。小売部門では、価格の伸びは横ばいだったが、購入費の伸びは2015年5月以来の最高水準だった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、日本…(06/20)

NSW州予算、黒字39億$超 家族に配慮、ファンドも設立(06/20)

政府の新エネ政策「弱すぎる」、野党が批判(06/20)

オリジン、発電権取得時の税控除で当局提訴(06/20)

再生エネ発電コスト低下、排出減目標容易に(06/20)

資源リオ、WA州の新鉄鉱山開発に着手へ(06/20)

サウス32とハンコック、買収に20億$投資へ(06/20)

LNG輸出業者の国内供給増、ガス価格安定(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

WA港バース建設、改めて関心表明を募集か(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン