• 印刷する

《日系進出》ラック、シンガポール支店を設立

システム開発を手掛けるラック(東京都千代田区)は11日、シンガポール支店を設立すると発表した。

中心部のロビンソン・ロードに開設する新支店は、7月1日から営業を開始。東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の日系企業向けにサイバーセキュリティー・サービスを提供する。

海外ではこれまで、韓国に現地法人を置いているが、東南アジアでの拠点開設は初となる。

ラックは、中期経営計画で掲げた基本方針「環境変化を好機と捉え、変革へ挑戦する」の実現に向けて、海外市場の開拓に取り組んでおり、新支店開設はこの一環となる。

同社は2012年12月以来、国境を越えたサイバー犯罪捜査に関する取り組みを支援するため、国際刑事警察機構(インターポール)がシンガポールで推進する民間企業との連携プロジェクトに参画してきた。こうした経験を基に、新支店を通じて東南アジアで事業拡大を目指す日系企業の要望に迅速に対応する体制を整える。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:自宅のある東部から中心…(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

新医療費助成パッケージ、50年代生まれに提供(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン