メコン国境貿易に現地通貨の利用を=実業界

メコン川下流域に位置するCLMVT(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、タイ)諸国のビジネスリーダーが、自国の政府に対して、国境貿易の決済において現地通貨の利用促進を要望している。為替のリスク軽減とコスト削減が目的。11日付バンコクポストが報じた。 現地地…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオス
関連業種: 金融観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ミャンマー国境に近い北…(12/17)

交通事故死、依然アジア最悪 二輪事故の対策課題=WHO調査(12/17)

19年も景気・通貨安定=三井住友銀セミナー(12/17)

日タイでASEAN議長国就任記念セミナー(12/17)

西鉄、総事業費72億円のコンド開発へ(12/17)

住宅アナンダ、三井不動産と合弁で新コンド(12/17)

パナソニック、タイで住宅事業参入を検討(12/17)

空港高速鉄道入札、CP連合が安値を提示(12/17)

タイ湾のガス田入札、PTTEPが落札(12/17)

バンチャーク石油、子会社4社の設立を発表(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン