• 印刷する

DIC、ボイラー用燃料にパームヤシ殻利用

インキ世界最大手DIC(東京都中央区)は8日、インドネシアの全額出資子会社DICグラフィックス(DICG)の西ジャワ州カラワン工場で今年1月から本格開始した、ボイラー用燃料にパームヤシ殻(PKS)を使用する取り組みが順調に進んでいると発表した。石炭使用に比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減できる。同工場では顔料を生産している。

カラワン工場のボイラー用燃料におけるPKS利用比率は現在25%。年間約1万トンのCO2削減に成功しており、当面はこの利用比率を維持していく。グループ全体の削減量の約2%にあたる。

DICコーポレートコミュニケーション部の関係者は「石炭よりもコストはかかるが、同じ固形燃料なので現有設備をそのまま利用できる。発熱量も石炭とほぼ同じ。インドネシアに豊富にあるPKSを活用してCO2削減に貢献できるので、この取り組みを始めた」と語った。

カラワン工場では2017年に、エネルギーマネジメントシステムの国際規格「ISO―50001」認証を取得、環境負荷低減への取り組みを開始した。同じ年に石炭使用量の約12%をPKSに置き換え、年間約5,000トンのCO2排出削減を実現した。DICは13年を基準年とし、20年時点でCO2排出量を7%削減(年平均1%)する目標を掲げている。

パームヤシ殻の燃料利用を本格的に開始したDICGのカラワン工場(DICリリースより)

パームヤシ殻の燃料利用を本格的に開始したDICGのカラワン工場(DICリリースより)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアの西ジャワ…(06/29)

三菱、小型トラック新モデル 主力コルトL300、3万台以上目標(06/29)

G7サミット閉幕、対ロ圧力強化(06/29)

バイオ燃料B40、7月に路上走行試験開始へ(06/29)

三菱自の輸出拡大でハブ化期待、産業相(06/29)

23年のマクロ経済指標に合意、政府と国会(06/29)

G7でエネルギーやEV投資を誘致=大統領(06/29)

国内航空便の燃油追加料金、7月に撤廃も(06/29)

英金融街シティー市長が首都訪問、投資協議(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン