• 印刷する

「カバラン」の金車、初のビールを発売

ウイスキー「カバラン」の製造・販売やコーヒーチェーンなどを手掛ける金車関係事業(キングカー)は6日、同社初のビールブランド「柏克金(BUCKSKIN、バックスキン)」の製品を同日から販売すると発表した。当初の年産量は1万トン。6日付自由時報などが伝えた。

「HEFEWEIZEN(ヘーフェヴァイツェン)」「MUNICH HELLES(ミューニック・へレス)」の2種類を販売する。価格は330ミリリットルの缶入りが48台湾元(約178円)、500ミリリットルの缶入りが68元、365ミリリットルの瓶入りが58元。セブン―イレブン、全家(台湾ファミリーマート)、莱爾富便利商店(ハイライフ)、OK超商(OKマート)のコンビニ大手4社や、スーパー台湾最大手の全聯福利中心(PXマート)、量販店の家楽福(カルフール)、大潤発(RTマート)愛買(エーマート)などで販売する。

キングカーは、約2,000坪の敷地に28の発酵槽を持つ、ドイツ式の醸造工程を取り入れた工場でBUCKSKINブランドのビールを生産する。

自由時報によると、金車の李玉鼎総経理は、「現在2棟目の工場建設に着手しており、1棟目と合わせて合計年産量10万トン以上を目指す」と述べた。

金車は15日、台北市信義区にドイツビールをテーマにしたレストラン「バックスキン・ビアハウス」もオープンする予定だ。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

今年の経済成長率1.7%に下方修正、国泰金(12:51)

テイクオフ:「も~もたろうさん、も…(09/22)

米台がアジアで協力強化へ インフラ建設などに資金支援か(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の輸出受注14%増、2年以上ぶり伸び幅(09/22)

TSMCの2ナノ技術、開発の難関突破か(09/22)

台湾ファウンドリー、中国企業から受注増か(09/22)

カルナタカの携帯電話生産、新政策で拡大へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン