国巨董事長、「MLCC不足は19年も解決せず」

受動デバイス台湾最大手、国巨(ヤゲオ)の陳泰銘董事長は5日、長期的な需給バランスの不均衡が続いている積層セラミックコンデンサ(MLCC)産業について、「品不足は2019年になっても解決しないだろう」との見方を示した。世界の主要企業がミドルレンジ製品の生産能力の増強…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ちょっと寄ってもいい…(01/25)

卸・小売業売上高が過去最高 21年、飲食業は2年連続マイナス(01/25)

EVエコシステム整備を加速 官民、鴻海など台湾系2社と覚書(01/25)

コロナ警戒第2級延長、2月7日まで(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

新型コロナの域内感染、24日は15人(01/25)

TSMCやUMC、在宅勤務実施(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

メルクのコロナ飲み薬、第1弾が台湾到着(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン