• 印刷する

現代ロテムが台湾で電動車受注、1兆W規模

韓国の現代ロテムは4日、台湾交通部台湾鉄路管理局(台鉄局)から1兆ウォン(約1,023億円)規模の電動車事業を受注したと発表した。同社の台湾での受注は19年ぶり。受注戦ではこれまで、日本勢や欧州勢に押されていた。

同社昌原工場(慶尚南道)で生産し、2024年までに電動車520両をすべて納品する。発注台数も台湾で過去最大規模だという。10両1編成とし、最高速度は時速130キロメートル。台湾全土の路線で使用される見通しだ。

現代ロテムは19年ぶりに台湾での受注に成功したことについて、「現地のニーズを徹底的に調査した結果を盛り込んだ提案が受け入れられた」と分析した。台湾は老朽化した鉄道インフラを改修する事業を進めており、向こう8年間で約35兆ウォンを投じる計画という。

現代ロテムが台湾向けに製造する電動車の車内予想図(同社提供)

現代ロテムが台湾向けに製造する電動車の車内予想図(同社提供)


関連国・地域: 台湾韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

現代・起亜自が無償点検、出庫8年経過車両(14:11)

テイクオフ:急に涼しくなったよね—…(08/21)

ロッテマート、20年に85店へ 300坪の小型店中心に出店を加速(08/21)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(08/21)

アジア大会で5G体験サービス、KT(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

クラウドセキュリティー、米社が韓国進出(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

貨物鉄道の民間開放、運輸省が首相に提案へ(08/21)

韓国トヨタ、全南・順天に新ショールーム(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン