ミャンマー・ラオスが電力協力へ共同作業委

ミャンマー、ラオスの両政府は先ごろ、ミャンマーの首都ネピドーで、1月に交わした電力協力に関する覚書の実施に向け、共同作業委員会の第1回会合を開いた。イレブン電子版が5月31日伝えた。 両政府の高官は会合で、電力売買の事業化調査実施に向けた作業部会の設置に関する枠…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中央銀行、外貨両替に上限額など規制を導入(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

国営電力、ラオスから隣国への送電契約締結(06/24)

労働者の最賃引上げ、7月から120万キープ(06/23)

国会で新人事承認、経済立て直しへ(06/22)

【新ラオス法】第41回・ラオスにおけるECプラットフォーム事業者に適用される税について(06/22)

【アジアの鉄道】(第2回)中国(1)急拡大する路線網(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン