• 印刷する

オロナミンCの生産・販売開始、大塚製薬

大塚製薬は1日、インドネシア子会社のアメルタインダ大塚が、炭酸栄養飲料「オロナミンCドリンク」の生産と販売を開始したと発表した。同日に発売した。

西ジャワ州スカブミの工場にハラル(イスラム教の戒律に従ったもの)対応の生産ラインを新設した。容量は日本で販売されているものと同じく120ミリリットルで、価格は5,000ルピア(約39円)。アメルタインダ大塚の板東義弘社長は発表で「オロナミンCの発売により、新しい健康価値を提案する」と述べた。

オロナミンCは、レモン11個分のビタミンCやビタミンB2、B6などを配合。日本を含め世界9カ国・地域で販売されている。

アメルタインダ大塚はこのほか、機能性飲料「ポカリスエット」や大豆栄養食品「SOYJOY(ソイジョイ)」などを販売している。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃はよく「光化…(09/24)

【日本の税務】個人所得税について(09/24)

テイクオフ:家具や布団に冷蔵庫、足…(09/24)

広告視聴でフリーライド 双日系DIT、実証実験を開始(09/24)

空港鉄道、来月からマンガライ駅が始発駅に(09/24)

煙害が航空便に影響、リアウで33便欠航(09/24)

パプア中部の暴動で17人死亡、負傷者も多数(09/24)

首都移転に2兆ルピア拠出、20年度国家予算(09/24)

ライオンエア、情報流出で暗証番号変更喚起(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン