ASUS、Zenbo活用の企業向けサービス

パソコン(PC)世界大手の華碩電脳(ASUS)は5月31日、家庭向けロボット「Zenbo(ゼンボ)」を活用した、企業向けの管理システム「Zenbo商務管理系統(ゼンボ・マネジメント・コンソール、ZMC)」を発表した。

企業はZMCを導入すれば、接客サポートや定点ガイド、商品の紹介、CM動画の公開、店頭での問い合わせなどにZenboを利用できるという。

ASUSはZMCの採用が企業のコスト削減や設備の管理効率引き上げにつながるとした上で、「今後は企業ごとに異なる機能をすぐ設定できるようにするなど、応用範囲をさらに広げていく」とアピールした。

ASUSは2016年にZenboを発表。人工知能(AI)を搭載しており、ASUSの先進技術が集結した製品として注目を集めている。

今後はオンライン決済サービス「欧付宝」と連携し、食品の注文や決済なども可能となる予定(華碩電脳提供)

今後はオンライン決済サービス「欧付宝」と連携し、食品の注文や決済なども可能となる予定(華碩電脳提供)


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾のスーパーで不思議…(06/21)

台湾産果物の輸出、10年で最高 物流拠点建設、見本市でも後押し(06/21)

再建に区切り攻めへ軸足、シャープが株主総会(06/21)

ネットワーク変圧器の帛漢、凱美と合併(06/21)

インダクタの奇力新、同業美桀を完全子会社化(06/21)

台湾鋼聯、19年1Qにスラグ処理子会社稼働(06/21)

農業・バイオの正瀚生技、南投に研究開発拠点(06/21)

鉄鋼輸入、1~5月は570万トン(06/21)

宝成の従業員4人を逮捕、越工場ストで(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン