• 印刷する

《知財》バンダイの関連グッズ模倣業者、東莞で摘発

バンダイは5月31日、同社が正規のライセンスを得て製造・販売しているキャラクターグッズを模倣していた業者が広東省東莞市で行政摘発を受けたと発表した。

今回の摘発は、バンダイナムコグループの3社(バンダイ、メガハウス、バンプレスト)が東莞市橋頭鎮工商分局に行政摘発請求を行ったことを受けて行われたもの。同局は3月8日、日本の人気アニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」に関連するキャラクターグッズを模倣して製販していた業者を摘発し、フィギュアなど関連商品2,000点以上を押収した。今回の摘発には、「ワンピース」や「ドラゴンボール」の知的財産権を管理する集英社や東映アニメーションの協力もあったという。

バンダイによると、近年はこうした模倣品が中国をはじめとする各国で流通しており、知的財産権の侵害行為には厳正に対処するとしている。


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: その他製造メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

海外からの対中投資、1~7月は2.3%増(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン