• 印刷する

4月のインフラ支出、96%増の656億ペソ

フィリピンの予算管理省によると、4月のインフラとその他資本支出は前年同月比96%増の656億ペソ(約1,357億円)だった。公共事業道路省の道路や橋の拡張事業、洪水対策・治水事業、土地の通行権(ROW)に関する支払いなどが支出を押し上げた。

4月の政府支出は43%増の2,612億ペソ。インフラ支出のほかは、人事サービスが24%増の718億ペソ、保守費用が33%増の334億ペソ、補助金支出が80%増の39億ペソ、地方自治体向け割り当てが9%増の353億ペソ、利払いが72%増の232億ペソとそれぞれ拡大した。

1~4月の政府支出は前年同期比29%増の1兆300億ペソだった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(13:28)

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン