• 印刷する

テイクオフ:「国の偉大さと道徳的発…

「国の偉大さと道徳的発展はその国の動物の扱い方で分かる」とは、インド独立の父マハトマ・ガンジーの言葉だ。インドでは牛が神聖視されていることをはじめ、猿や象の神が存在する。動物を殺すことは禁忌とみなされる傾向もある。ガンジーはそこに国の偉大さを見いだしたのだろうか。

ここ数日、南部ケララ州でコウモリが原因とされるニパウイルス感染症が広がっている。症状や熱などインフルエンザに似ているが、治療薬は発明されておらず、致死率は高いという。家畜を媒介として人に感染することもあるそうだ。

ニパウイルス感染は、急速な都市開発で動物が住む場所を失い、人間との接触が増えていることが背景にあるとされる。確かにインドでは、大都市でも多様な動物に出くわす。経済発展と動物との共生に折り合いをつけたところに、道徳的発展があるのかもしれない。(鶴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選挙…(12/10)

EC2社の首位争い拮抗 アマゾンとFK、課題は赤字削減(12/10)

電動三輪キネティック、伊ブランドと提携(12/10)

インド大統領、10~14日にミャンマー訪問(12/10)

シェル、世界初の組み立て式トラックを公開(12/10)

二輪ロイヤル、タイ子会社の設置を計画(12/10)

サプラ、インド沖海底油田で設備共同受注(12/10)

起亜自、AP州にHVやEVを寄贈(12/10)

JKタイヤ、北部の工場拡張に125億ルピー(12/10)

タイヤ輸出額、本年度は1200億ルピー超予測(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン