テイクオフ:マカティ市のビル群に日…

マカティ市のビル群に日が沈む頃、シティー派のランナーがぽつぽつと出てくる地域がある。中央公園「アヤラ・トライアングル」を中心に3本の大通りが交差するスポット。1周が約1.2キロメートルで、道路を横断せずに周回できる。

「『ビッグトライアングル』だ、週3で走っているぞ」と語ったのは、公園内でたまたま休憩していた初老の男性。公園そのものは人が多く、ランニングにはやや小さい。不便だと思いながら公園内をぐるぐると回っていると、見かねて教えてくれた。

深夜まで、ランナーは絶えない。気温が下がる夜は、排ガスも少ないような気がする。たまに公園内を突っ切るようにコースを変えると、緑に包まれて気分転換になる。早朝はまだ試したことがないが、林立する高層ビルの窓ガラスに反射する朝日を浴びて走るランナー達に加われるかもしれない。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タンドゥアイ、蒸留酒の国内シェア首位目標(15:34)

生活必需品の価格統制、白米などが対象に(15:34)

首都圏の最賃320ペソ上げ、労組が請願(14:18)

テイクオフ:現地の朝刊を読んでいる…(06/18)

5月新車販売は14%減 4カ月連続マイナス、一部回復も(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

経常赤字2億ドルに縮小、サービス収支伸び(06/18)

優遇改正の移行期間5~7年妥当、民間団体(06/18)

税制改革で法人税率10%なら妥協、電子業界(06/18)

外国人証券運用、5月は2億ドルの売り越し(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン