テイクオフ:米国で銃乱射事件が相次…

米国で銃乱射事件が相次ぎ発生しているが、インドでは毎年のように「祝砲」で多くの人の命が奪われている。一部地域では人々が銃を空中に発砲して結婚などのイベントを祝う風習があり、暴発により参列者が死亡する痛ましい事故が起きている。

結婚式では、皮肉なことに家族が最も被害を受ける。祝砲は主に新郎の家族によって発砲されるため、新郎または近親者が流れ弾で死亡することが多い。こうした行為は違法だが、農村部などでは家族のステータスなどを示す目的で広く実施されている。

同様の風習はインドに限らず、パキスタンや多くの湾岸諸国でも見られる。かつて各国の王が祝事や戦闘に没頭していた時代の習わしが起源とされる。時代の変化とともに姿を消しつつあるが、西アジアの多くの地域やインドをはじめとする南アジア諸国では依然として受け継がれている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

インドも報復関税実施へ、8月から(06/22)

三菱ケミカル、地場社の塩ビ事業買収で合意(06/22)

独BASF、印に農業向け新製品20種類投入(06/22)

ボッシュ、向こう3年で170億ルピー投資(06/22)

ガス公社とウーバー、CNG利用促進で覚書(06/22)

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(06/22)

鉄鋼タタ、東部新工場から鉄クロム出荷開始(06/22)

建設サンウエー、インド市場に再参入意向(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン