百貨店メトロ、3月期決算は増収増益

シンガポールの百貨店・不動産大手メトロ・ホールディングスは25日、2018年3月期決算の純利益が1億5,697万Sドル(約127億1,100万円)となり、前期から93.7%増加したと発表した。売上高は3.9%増の1億3,633万Sドルだった。 不動産開発を手掛ける中国子会社トップ・スプリング…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(18:59)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(19:02)

通信IPS、現法に2億円増資(18:40)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(18:41)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(18:40)

衣料テックのジリンゴ、追加リストラ(18:41)

ロールスロイス、人員24%削減へ(18:40)

セムマリンとGE、北海で洋上風力発電事業(18:41)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(18:40)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(18:40)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン