百貨店メトロ、3月期決算は増収増益

シンガポールの百貨店・不動産大手メトロ・ホールディングスは25日、2018年3月期決算の純利益が1億5,697万Sドル(約127億1,100万円)となり、前期から93.7%増加したと発表した。売上高は3.9%増の1億3,633万Sドルだった。 不動産開発を手掛ける中国子会社トップ・スプリング…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(07:40)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/14)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(07:40)

今年のIPO市場、不動産投信が大半(07:40)

セレター空港、新施設追い風に ビジネスジェットで存在感(上)(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(12/13)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン