三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興

三菱自動車の現地法人、ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ(MMPC)は22日、私立デ・ラ・サール大学(DLSU)と電気自動車(EV)の共同研究に関する覚書を交わしたと発表した。昨年2月に環境天然資源省と結んだ提携の一環で、DLSUをはじめとする名門大学や政府…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府による大規模な環境…(05/22)

南北鉄道の全2工区が着工 延伸合わせ事業費1.9兆円(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

船井電機、比で車載用バックライト量産へ(05/22)

比看護師・福祉士候補生308人、来月日本へ(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

外国人不法就労問題、政府が雇用企業閉鎖も(05/22)

21日為替:$1=52.475ペソ(↑)(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

財閥GT、カビテの複合開発で提携先を模索(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン