• 印刷する

4月スマホ販売が8.4%減、50万台下回る

台湾スマートフォン市場の4月の販売台数は前月比8.4%減の49万台で、4カ月連続で減少した。市場が飽和状態となった中、低迷が続いている。23日付経済日報などが市場調査会社のまとめとして伝えた。

販売台数で見たブランド別シェア1位はアップルで22.6%。2位以下は◇サムスン電子(19.6%)◇華碩電脳(ASUS、10.5%)◇中国・広東欧珀移動通信(OPPO、10.3%)◇ソニーモバイルコミュニケーションズ(8.4%)――の順だった。

売上高で見たブランド別のシェア1位は米アップルの51.6%。2位以下は◇サムスン電子(17.5%)◇ソニーモバイルコミュニケーションズ(7.0%)◇OPPO(6.7%)◇ASUS(5.4%)――の順だった。

機種別販売ランキングの上位10機種は、1位から順に◇アップル「iPhone(アイフォーン)8プラス」64ギガバイト(GB)版◇アップル「iPhone8」64GB版◇OPPO「A73」◇アップル「iPhoneX(テン)」64GB版◇サムスン「ギャラクシーJ7プロ」◇OPPO「R11s」◇アップル「iPhone8プラス」256GB版◇サムスン「ギャラクシーJ7プライム」◇ASUS「ZenFone(ゼンフォン)ライブ」◇アップル「iPhoneX(テン)」256GB版――。トップ10のうちアップルが5機種、サムスンが2機種を占めた。

経済日報によると、業界関係者は、「通信大手3社が今月発表した、月額499台湾元(約1,840円)の第4世代(4G)移動通信システムの使い放題プランへの申し込みが殺到し、直営店などが対応に追われており、スマホを販売する余裕がなくなっている。また通信料金の引き下げを受けてスマホ購入時の補助額も低くなっており、ハイエンド機種の販売が伸び悩んでいる。5月の数字はさらに落ち込む」と警告している。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10月1日といえば中国…(10/17)

誠品生活が19年秋に日本出店 三井不の商業施設、複数店展開も(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

晶電、ミニLED19年下期以降の成長見込む(10/17)

3QのPC出荷台数、エイサーは5位(10/17)

ホンダ、19年版「CR―V」投入で2万台目標(10/17)

薬品業の生産額、2年連続過去最高更新も(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

「継光香香鶏」、11月にカナダ初出店(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン