首都圏のコンド空室率が低下 1Qは12.4%、中国人の需要旺盛

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、マニラ首都圏のコンドミニアムの空室率は3月末時点で12.4%となり、17年末から0.2ポイント低下した。マニラ湾岸地区のオンラインカジノで従業員として働く中国人の需要が旺盛だった。コリアーズは当初…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スペインがODA打診、3億ドル供与へ(15:30)

配車大手のモバイル決済、電子マネーに認可(15:39)

電気料金の高さ、国民の6割が不満(16:13)

テイクオフ:スーパーマーケットで買…(08/22)

砂糖供給拡大へ、自由化検討 飲料大手の撤退引き金に(08/22)

携帯データ需要増、大手2社が通信網を強化(08/22)

電子サーテック、海外2社の買収を計画(08/22)

中国とインフラ協議へ、閣僚が今週北京訪問(08/22)

官民連携政策に3億ドル融資、ADBが承認(08/22)

7月の国際収支、赤字が4.6億ドルに縮小(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン