• 印刷する

日本企業が遠隔診療システム導入、越で初

医療サービスを提供するウィンメディックス(東京都千代田区)は21日、ホーチミン市の日系診療所に遠隔診療システムを導入したと発表した。サービス開始は6月初旬の予定。日本企業による同システムの導入はベトナム初となり、同国在住者でもオンラインで日本の医師の診断が受けられるようになる。

遠隔診療システム「ヘイ・ドクター(Hey Doctor)」を導入したのは、香川県で外科・内科・在宅クリニックなどの医療サービスを提供する西高松グループ(高松市)が、ホーチミン市7区で運営するミザヤ・クリニック。タブレット端末iPad(アイパッド)を使い、現地の病院で診療された診断結果のデータを、オンライン上でつながっている日本の医師が確認。iPadで入力された情報とコールセンターによってデータを解析し、診断する。日本の医師が薬剤を処方した場合は、約3日でホーチミン市の診療所に処方箋医薬品が届くという。

ウィンメディックスは、ベトナムを皮切りに、タイとフィリピンでも月内に遠隔診療サービスの提供を開始する予定。2019年までには、カンボジアをはじめとする40カ国・地域に市場を拡大させる計画で、同年3月末までに海外の病院500カ所に導入し、売上高30億円を目指す。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

失業や減収、1Qは910万人 コロナ3波で改善傾向止まる(04/20)

ハノイ証取、23年7月に新規上場停止を検討(04/20)

リエンベト銀、1Qは税引き前利益倍増(04/20)

首相、中銀に金融市場の安定・健全化指示(04/20)

感染リスク依然高く、不法入国対策など確認(04/20)

年金保険料、労働省が最低納付期間短縮提案(04/20)

鉄鋼ホアセン、3月純利益は前月比3.2倍(04/20)

後発薬の美時、タイ企業と東南アジア深耕へ(04/20)

韓国企業、自動車部品産業への投資模索(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン