• 印刷する

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁

米国国際開発庁(USAID)は、ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害問題は同国が民主化を進める上で障害になっていると指摘した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が21日伝えた。

USAIDのマーク・グリーン氏は21日、5日間のミャンマー訪問を終えて記者会見を開いた。同氏は「米国は、医療、食糧安全保障、人道支援の分野および民主的な政治に関するミャンマーへの支援を継続していく」とした上で、「ラカイン州の現状は、われわれの支援を妨げるものだ」と指摘した。

グリーン氏はミャンマー滞在中にアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談し、ミャンマー全国民の尊厳と権利を尊重するための具体的な対策に加え、隣国バングラデシュで避難生活を送っているロヒンギャを安全に帰還させるための措置を講じるよう求めた。「ミャンマー政府、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)の3者間で進められているロヒンギャ難民の帰還に関する覚書締結に向けた交渉の進展に期待する」とも述べた。

グリーン氏は、19日に最大都市ヤンゴンの市民社会団体と会談した際に示されたロヒンギャ問題に関する懸念をポンペオ米国務長官に報告するとしている。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

山万がヤンゴンでホテル開業 日本人に照準、介護人材の育成も(01/24)

〔寄り道〕日本ではうちわ配布が政治家の犯罪に…(01/24)

ICJ、迫害につながる行為停止を命令(01/24)

国軍、ロヒンギャ迫害関与者の処罰を表明(01/24)

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(01/24)

縫製業者協会、最賃案7200チャットに懸念(01/24)

NTTがミャンマー法人の営業を開始(01/24)

日本人の観光ビザ免除、23年まで延長へ(01/24)

ミャンマープラザにアンダーアーマーが開店(01/24)

インド大使、カラダン輸送路の重要性を強調(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン