• 印刷する

テイクオフ:シンガポールでは、「毎…

シンガポールでは、「毎年景観が変わる」と言われるほど、国内各地で開発・再開発工事が常に行われている。これに伴い自然環境が失われつつあるのだが、一方で最新の技術を用いて環境保護にも野心的に取り組んでいて面白い。

国立公園管理局(Nパークス)と工業団地運営機関JTCコーポレーションはこのほど、サンゴ礁の回復で新しい取り組みを始めた。コンクリートと岩で作った高さ10メートルほどの人工の岩礁を海底に設置し、その表面でサンゴが生育できるようにするものだ。サンゴが付着できる表面積は約500平方メートルに上るという。

自然保護活動といっても、個人で取り組めることには限界がある。最先端の技術を活用し、大規模に保護策を展開するシンガポールはとても頼もしい。新たなプロジェクトがどのような成果につながるか、今後も見守っていきたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

テック企業のハブに成長へ 金融上回る求人数、グラスドア調査(01/17)

グラスドア、ア太3カ国・地域に進出(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

クロスコープ、共用オフィスの提供開始(01/17)

ofoの免許停止を示唆、度重なる違反で(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

SIA、4月から成田便にA380再投入(01/17)

港湾PSA、18年のコンテナ取扱量は9%増(01/17)

グラブ、中国のネット保険会社と合弁設立(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン