• 印刷する

テイクオフ:数年ぶりに妻の実家のあ…

数年ぶりに妻の実家のあるインドネシア・バリ島へ帰省することになった。土産は何にしようか。

日本の実家に帰省する際は、ピリナッツ(ビコール地方原産の木の実)が定番になっている。バナナチップやドライマンゴーは家族にはあまり好評ではなく、唯一、リクエストがあるためだ。妻は当地のあるブランドのバナナチップが大好物。買って行くのかと思いきや、「向こうにも似たものがある」とのこと。おやつによく食べているチチャロン(豚の皮を揚げたスナック)はと言うと、「バリのものの方が美味しい」とか。

確かに、味付けはやや異なるものの、土産の食品は両国でかぶるものも多い。妻にとっては、全て母国の味に軍配があがるらしい。結局、妻が選んだ土産は日系ファストファッションの服。大きなスーツケースを持って行き、帰りはインドネシア製の食品でいっぱいにするそうだ。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外食マックス、下半期に50店を新規出店(17:44)

7月の外国人証券運用、5300万ドル買い越し(17:47)

2019年の祝休日発表、合計19日(20:00)

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン