• 印刷する

テイクオフ:数年ぶりに妻の実家のあ…

数年ぶりに妻の実家のあるインドネシア・バリ島へ帰省することになった。土産は何にしようか。

日本の実家に帰省する際は、ピリナッツ(ビコール地方原産の木の実)が定番になっている。バナナチップやドライマンゴーは家族にはあまり好評ではなく、唯一、リクエストがあるためだ。妻は当地のあるブランドのバナナチップが大好物。買って行くのかと思いきや、「向こうにも似たものがある」とのこと。おやつによく食べているチチャロン(豚の皮を揚げたスナック)はと言うと、「バリのものの方が美味しい」とか。

確かに、味付けはやや異なるものの、土産の食品は両国でかぶるものも多い。妻にとっては、全て母国の味に軍配があがるらしい。結局、妻が選んだ土産は日系ファストファッションの服。大きなスーツケースを持って行き、帰りはインドネシア製の食品でいっぱいにするそうだ。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつてはH&M、フォー…(01/16)

海賊被害、過去12年で最低 18年はアジア海域で25%減の76件(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

今年の昇給率は横ばいの6%、転職は下火(01/16)

11月の海外送金受取、2.8%増の23.3億ドル(01/16)

4月までにインフラ融資6件契約へ、日中と(01/16)

税制改革の税収増、1~9月は目標の95%(01/16)

今年輸出額は6%増予想、輸出業者連盟(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン