三井住友Fが石炭火発融資見直し、豪が注目

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が、石炭火力発電事業に対する融資方針を見直す考えを示している。世界の銀行業界では、二酸化炭素(CO2)排出量が多く、環境への負荷が大きい石炭火力発電事業から手を引く動きが強まっており、SMFGもこれに追従した形。邦銀は…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(16:42)

トール、会計部門の外注で330人を解雇(16:42)

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン