2~4月の失業率2.8%、約20年ぶり低水準

香港政府統計処が17日発表した2018年2~4月の失業率(速報値、季節調整済み)は2.8%だった。前期(1~3月)から0.1ポイント下がった。1997年11月~98年1月以来、約20年以上ぶりの低さ。統計調査の7日前の就業時間が基準に満たない不完全就業者の労働人口に対する比率を表す不完全就業率は横ばいの1.0%。

各業種の失業率の変動は前期と比べ、教育関連が目立って下がった。金融業や貿易業、観光業も大きく下落した。

2~4月の失業者数は11万2,900人となり、前期から約800人増えた。就業者数は前期から約5,800人減の386万6,600人だった。労働人口は約4,900人減の397万9,500人。

政府労働・福祉局の羅致光局長は「香港の好調な経済成長を受け、失業率は20年以上ぶりの低水準となった。大部分の業種で失業率が下がった」と指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

宝飾の英皇、既存店売上高は2桁の伸び(05/25)

マカオの小売売上高、1Qは25.7%増(05/25)

あしたのチーム、香港現法設立(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

契約労働時間の導入保留、ガイドライン作成(05/25)

小反発、資源銘柄に買い戻し=香港株式(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン