• 印刷する

2~4月の失業率2.8%、約20年ぶり低水準

香港政府統計処が17日発表した2018年2~4月の失業率(速報値、季節調整済み)は2.8%だった。前期(1~3月)から0.1ポイント下がった。1997年11月~98年1月以来、約20年以上ぶりの低さ。統計調査の7日前の就業時間が基準に満たない不完全就業者の労働人口に対する比率を表す不完全就業率は横ばいの1.0%。

各業種の失業率の変動は前期と比べ、教育関連が目立って下がった。金融業や貿易業、観光業も大きく下落した。

2~4月の失業者数は11万2,900人となり、前期から約800人増えた。就業者数は前期から約5,800人減の386万6,600人だった。労働人口は約4,900人減の397万9,500人。

政府労働・福祉局の羅致光局長は「香港の好調な経済成長を受け、失業率は20年以上ぶりの低水準となった。大部分の業種で失業率が下がった」と指摘した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港島セントラル(中環…(10/24)

港珠澳大橋の開通式典を開催 習国家主席が主宰(10/24)

港珠澳大橋、きょう開通 珠江西側の日系企業に物流で恩恵(10/24)

高速鉄道の1日利用5万人、予測4割下回る(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

香港輸出4Qに悪化か、貿易摩擦影響大きく(10/24)

香港でセミナー開催、投資拡大を呼び掛け(10/24)

電子企業、本土工場の移転検討=貿易戦で(10/24)

ウィーチャットペイ、セブンなど600店で導入(10/24)

貿易戦回避へ会合、貨物分類を提言=貿発局(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン