• 印刷する

豪コマツ、過去最多の新商品25種を発表

コマツのオーストラリア子会社、コマツ・オーストラリア(豪コマツ)が、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のハンターバレーで開催された展示会で、新たに25商品を発表した。新商品の発表としては過去最多となる。17日付オーストラリアン・マイニングが伝えた。

豪コマツが発表した新商品には、掘削機やホイールローダー、トラック、グレーダーなどが含まれる。コマツは低排出で燃費効率の高い商品開発に力を注いでおり、これらの新商品も、機械用エンジンに関する米国のガス排出規制「ティア4ファイナル(Tier4Final)」を満たしているという。

豪コマツの建設機械部門のディーン・ゲートケ本部長は同排出規制を満たした新エンジンについて、排出規制ティア3を満たした従来のエンジンに比べて排出量を90%削減できると説明。「同時に、エンジンやトランスミッションの出力を最大限に高めるため、新商品の機械には新しい電気コントロールシステムが搭載されており、モデルによっては燃料消費を5~15%抑えることができる」と話した。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: その他製造天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでよく見…(10/24)

豪、政府調達の国際協定加入 世界17兆$市場に参入へ(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

首相、来年1月までに電気料金引き下げ実施(10/24)

インペックス、日本へLNG出荷開始(10/24)

最高裁、オーリゾン貨物制限案の審理開始(10/24)

豪エンジ大手ウォーリー、米同業を買収(10/24)

住宅ローンの負担危機、豪で94万世帯超(10/24)

テルストラ通信故障、緊急通報に大規模障害(10/24)

豪eギフトカード企、45億$市場で事業拡大(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン