4月失業率4.1%、0.1P改善=統計庁

韓国統計庁が16日発表した2018年4月の雇用動向によると、失業率は4.1%と前年同月と比べて0.1ポイント改善した。就業率は66.6%と横ばいだった。 失業者数は6,000人減の116万1,000人。年齢別では、若年層の「15~29歳」(3万4,000人減)や「30~39歳」(1万4,000人減)が減少し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(17:12)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(18:25)

ソウルの光化門や梨泰院、空き店舗が急増(17:12)

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(18:29)

テイクオフ:8月14日に公開された…(08/19)

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/19)

家計向け融資が急増、負債デフレの懸念増大(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン