東南アのムスリム旅行者呼び込み、HKTB

香港政府観光局(HKTB)は今年、東南アジアからのムスリム旅行者の呼び込みに力を入れる。中でもムスリムの多いインドネシアとマレーシアを主要ターゲットに据える考えだ。香港経済日報が伝えた。

HKTB幹部は、「東南アジアのムスリムによる香港旅行は高い伸びを示している。商機の潜在力は大きく、香港旅行のPRを強化する」と発言。HKTBはこのほど、インドネシアとマレーシアの旅行業界関係者ら40人を香港に招き、香港の魅力をアピールした。

同幹部によると、香港ではムスリム向けに祈祷(きとう)室やハラル食品などを用意する観光地やホテルも一部にあるが、大部分はムスリム市場を重視していないのが現状。今年は香港の旅行・飲食業界にムスリム市場の開拓を呼び掛けるイベントを開催する予定だ。

昨年香港を訪れた東南アジアからの宿泊旅行者数は約245万人。インドネシアとマレーシアからの香港訪問客は合わせて77万6,700人となり、インドネシアからの伸び幅は東南アジア市場で2番目に高い6.3%だった。


関連国・地域: 香港ASEAN
関連業種: 食品・飲料商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ターンテーブルに着くと…(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

反落、資源銘柄が重し=香港株式(05/24)

6月の新築供給5千戸超、近年最多か(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

本土の共用オフィスKr、香港進出へ(05/24)

香港の超富裕層数、世界第2位に(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン