• 印刷する

ミ島マラウイ復興、日本が20億円を贈与

国際協力機構(JICA)は15日、フィリピン政府と、南部ミンダナオ島マラウイ市復興に向けた無償資金協力の贈与契約を結んだ。限度額は20億円。昨年の武力衝突で壊滅的な被害を受けた同市の復興に必要とされる550億ペソ(約1,160億円)の一部に充てられる。

資金提供は、「マラウイ市及び周辺地域における復旧・復興計画」が対象。道路や学校、保健所など優先度の高い社会基盤を整備する。

フィリピンのドミンゲス財務相によると、マラウイ市の復旧・復興の優先事業として902件を実施する方針で、550億ペソが必要。同市の復興に関して日本から資金提供を受けるのは今回が4回目で、これまでに約3,600万米ドル(約40億円)を受け取った。

マラウイでは、2017年5月23日に軍・警察がイスラム過激派アブサヤフ幹部の身柄を拘束しようとした際、別の地元のイスラム過激派「マウテ」が銃撃して市街戦が始まった。戦闘は5カ月間続き、国内避難民は一時的に35万4,000人に上った。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府による大規模な環境…(05/22)

南北鉄道の全2工区が着工 延伸合わせ事業費1.9兆円(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

船井電機、比で車載用バックライト量産へ(05/22)

比看護師・福祉士候補生308人、来月日本へ(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

外国人不法就労問題、政府が雇用企業閉鎖も(05/22)

21日為替:$1=52.475ペソ(↑)(05/22)

高速道MPTC、ミャンマーなどの計画撤回(05/22)

財閥GT、カビテの複合開発で提携先を模索(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン