三菱UFJ銀、タイ・シンガ間の送金実験

三菱商事と三菱UFJ銀行は14日、英系金融大手スタンダードチャータード銀行とタイ・シンガポール間での国際送金の実証実験を開始したと発表した。米リップルが提供する分散型台帳技術(ブロックチェーン)を応用した技術を活用し、送金にかかる時間の短縮やコスト削減につなげる。

三菱商事の子会社が、三菱UFJ銀のタイ子会社アユタヤ銀行と、シンガポールのスタンダードチャータード銀行にそれぞれ保有する口座間で国際送金を実施する。送金通貨はシンガポールドル。実験期間は非公表で、結果に基づき実用化・商用化へ向けた検討を進める。

三菱UFJ銀の担当者によると、一般的な国際送金は複数の銀行を介すため、手続きに数日間を要する。リップルの国際送金ソフトウエアを導入した金融機関同士は、同じネットワーク内で双方向通信が可能となり、数分での送金が可能になるという。


関連国・地域: タイシンガポール日本
関連業種: IT・通信金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:駅の構内で、現金自動預…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

クロスコープ、日系賃貸オフィスを拡張(05/28)

ジャルックス、日本産の生鮮卸売市場開業へ(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

ロクスレー子会社、冷凍食品会社に6割出資(05/28)

タイポスト、EC向けシステム増強を本格化(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン