東カリマンタンとマルクの2鉱区、契約締結

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は14日、東カリマンタン州プカワイ鉱区とマルク州西ヤムデナ鉱区で、開発契約に署名した。2鉱区の開発にかかる向こう3年間の投資額は1,255万米ドル(約13億7,500万円)。同日付コンタン(電子版)が伝えた。 開発には、事業者との利益配分…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:倉敷市に住む父から先日…(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

下半期に向け新車の販売強化 中印韓各社、上半期は台数が伸長(07/17)

大使公邸で知事らが「やまなし魅力説明会」(07/17)

シャープ、井戸ポンプを10年ぶり販売(07/17)

6月貿易収支は3カ月ぶり黒字、17億ドル(07/17)

SCG、インドネのホームセンター株式取得(07/17)

所得格差のジニ係数、3月は小幅改善(07/17)

3月時点の貧困率、9%台に改善(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン