• 印刷する

テイクオフ:初めてこの国を訪れたの…

初めてこの国を訪れたのは10年前。4カ月くらいの旅だが、洗礼を浴び続けた。謎の高熱に伝染病。体重は10キログラム以上落ちた。人々の体臭が混じり合う公共市場を歩き、路地裏で出くわす牛に驚き、夜中に野犬に追いかけられる。実際に暮らすようになっても、たまに襲ってくる猛烈な腹痛は耐えがたかった。

インドは近年、経済成長が続く。オフィス街の雰囲気は先進国のよう。女性も欧米風の服を着る人が多くなった。一方、変わらないところがある。高架下の道路の緩衝帯で段ボールを敷いて眠る男の子の脇を、存在を無視するかのように通り過ぎる多くの大人たち。10年前に見た貧困の様子は現在も至る場所で目にする。

20代の頃、インドは強烈な印象を残してくれた。30歳を超えても毎日が刺激的だった。いつかまたここに暮らしながら、各地を歩いてみたい。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン