テイクオフ:初めてこの国を訪れたの…

初めてこの国を訪れたのは10年前。4カ月くらいの旅だが、洗礼を浴び続けた。謎の高熱に伝染病。体重は10キログラム以上落ちた。人々の体臭が混じり合う公共市場を歩き、路地裏で出くわす牛に驚き、夜中に野犬に追いかけられる。実際に暮らすようになっても、たまに襲ってくる猛烈な腹痛は耐えがたかった。

インドは近年、経済成長が続く。オフィス街の雰囲気は先進国のよう。女性も欧米風の服を着る人が多くなった。一方、変わらないところがある。高架下の道路の緩衝帯で段ボールを敷いて眠る男の子の脇を、存在を無視するかのように通り過ぎる多くの大人たち。10年前に見た貧困の様子は現在も至る場所で目にする。

20代の頃、インドは強烈な印象を残してくれた。30歳を超えても毎日が刺激的だった。いつかまたここに暮らしながら、各地を歩いてみたい。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(13:11)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン