• 印刷する

LGが認証システム、ブロックチェーン活用

LGグループのシステム会社LG CNSは13日、ID認証プラットフォーム「モナチェーン」を発売すると発表した。ブロックチェーン技術の導入を進める公共機関や金融、製造分野での採用を目指す。

モナチェーンは、ブロックチェーンの参加者同士が本人であることを証明する分散型ID管理システム(DID)を利用する。デジタル証明書を基に、LG CNSは都市銀行と協力して、モナチェーンを使った電子ギフト券を発行するサービスを開始する。モナチェーンにはサプライチェーンマネジメント機能も搭載しており、生産工程や取引情報など、さまざまな情報が共有できるため、コスト削減が期待できる。

LG CNSは昨年5月、ブロックチェーン・コンソーシアムを運営する米R3とパートナー協定を締結。今年はブロックチェーン技術を推進する共同事業体「ハイパーレッジャープロジェクト」への参加を予定するなど、ブロックチェーン事業を成長分野に育成する考え。今回のモナチェーン発売は、ブロックチェーン事業の先行きを占う試金石となるとみられている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン