LGが認証システム、ブロックチェーン活用

LGグループのシステム会社LG CNSは13日、ID認証プラットフォーム「モナチェーン」を発売すると発表した。ブロックチェーン技術の導入を進める公共機関や金融、製造分野での採用を目指す。

モナチェーンは、ブロックチェーンの参加者同士が本人であることを証明する分散型ID管理システム(DID)を利用する。デジタル証明書を基に、LG CNSは都市銀行と協力して、モナチェーンを使った電子ギフト券を発行するサービスを開始する。モナチェーンにはサプライチェーンマネジメント機能も搭載しており、生産工程や取引情報など、さまざまな情報が共有できるため、コスト削減が期待できる。

LG CNSは昨年5月、ブロックチェーン・コンソーシアムを運営する米R3とパートナー協定を締結。今年はブロックチェーン技術を推進する共同事業体「ハイパーレッジャープロジェクト」への参加を予定するなど、ブロックチェーン事業を成長分野に育成する考え。今回のモナチェーン発売は、ブロックチェーン事業の先行きを占う試金石となるとみられている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スポーツの国際大会で自…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

韓国中小のベトナム進出拡大 輸出は国別2位、現地日系に供給も(07/16)

19年の最低賃金8350ウォン 10.9%上昇、零細企業の負担増に(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

SKが米企業買収、バイオ医薬品部門を強化(07/16)

公取委、サムスンバイオを公示違反で告発へ(07/16)

コンビニとATMサービス、銀行が拡大(07/16)

仮想通貨や電子貨幣、別途の産業に分類(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン