• 印刷する

スラバヤの教会3カ所で爆発、死者11人

インドネシアの東ジャワ州スラバヤ市内のキリスト教教会3カ所で13日朝、爆発が相次いで発生、少なくとも11人が死亡、41人が負傷した。州警察は子どもを含む6人家族による自爆テロとみている。在インドネシア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

警察によると、爆発は約30分の間に連続して起きた。日曜礼拝の時間を狙ったとみられている。犯行には自動車とオートバイが使われ、不発弾もあったとの情報もある。警察はスラバヤにある全ての教会に、礼拝を取りやめるよう指示した。

地元メディアによると、国家警察のティト長官は、実行犯は両親、9歳と12歳の女児、15歳と17歳の息子の6人家族と発表。家族はシリアから帰国したばかりで、警察では両親と過激派組織「イスラム国」(IS)に共鳴するインドネシアの過激派「ジャマア・アンシャルット・ダウラ(JAD)」との関係を捜査している。

今回の自爆テロ事件を受け、ジャカルタでは首都警察が警戒レベルを最高の「1」に引き上げた。西ジャワ州ボゴール県でも今回の事件を受け、州警察が教会や礼拝堂に武装した警官隊を配置し、警戒を強めた。

ボゴール県に隣接する西ジャワ州デポックでは、8~10日に国家警察機動隊本部の拘置所で収容者のテロ容疑者による暴動が発生。警官5人と収容者1人が死亡した。暴動を起こした収容者の中には、JADのメンバーが含まれていた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(12:29)

ボゴール植物園、18日から営業再開(14:32)

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン