• 印刷する

テイクオフ:2万ルピア紙幣の偽札が…

2万ルピア紙幣の偽札が発見された。円換算で約160円相当のお札だが、インドネシアでは上から3番目の高額紙幣だ。

この偽札、2,000ルピア札にゼロを一つ書き加えただけ、という粗末な作り。注意深く観察すれば、その違いは明らかなのだが、うっかり間違いを誘発する要素がある。お札の色だ。

2016年に発行された新札は、抹茶色の2万ルピアと、グレーがかった緑の2,000ルピア。それぞれ鮮やかな緑と、灰色が基調の旧紙幣よりも、色の違いが分かりづらい。手あかで汚れ、しわくちゃになったお札なら、なおさら。表面に描かれた肖像画も、新紙幣の両者はどことなく似たような顔つきだ。

現金需要が増えるイスラム教の断食明け大祭(レバラン)前は、偽札が多く出回る時期とも言われる。うっかり偽札をつかまされないよう注意したい。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/18)

台湾観光協会が駐在員事務所を開設(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

政策金利6%で据え置き、2カ月連続(01/18)

MRTジャカルタ、26日に試験運行開始(01/18)

3月に首都で国際バス展示会、来場者2万人(01/18)

ヤマハ、新型スポーツバイク2モデルを発売(01/18)

川西倉庫、現地法人がハラル認証取得(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン