• 印刷する

ライオンが子供シネマ=シネコン大手と提携

タイ初の子供向け映画施設としてオープンした「コドモ・キッズシネマ」=10日、バンコク(NNA撮影)

タイ初の子供向け映画施設としてオープンした「コドモ・キッズシネマ」=10日、バンコク(NNA撮影)

ライオンのタイ現地法人タイライオンは11日、同国の複合映画館(シネマコンプレックス)最大手メジャー・シネプレックス・グループと提携し、バンコク東部のメガ・バンナー・ショッピングモールに、同国初となる子供用映画施設「コドモ・キッズシネマ」を開設した。「コドモ」はライオンがタイなどで展開する子供用商品の統一ブランドで、映画との連携で販売増を目指す。

コドモ・キッズシネマは、ショッピングモール内の複合映画館に設けられ、全84席。普通席のほかソファベッド席などがあり、上映前に子供たちが遊べる滑り台なども備える。入場料は200~250バーツ(約687~858円)。5~12歳の子供を連れた家族をターゲットとし、思考や感情の発達を促す映画を上映するという。

メジャー・シネプレックスによると、タイでは子供が鑑賞できる映画が少なかった。今年、コドモ・キッズシネマでは日本の「ドラえもん」作品など20本を上映する予定。また、家族の交流や子供の社会教育の場としても活用を図り、ファッションショーやダンス、絵画コンテストを開催してゆくという。コドモブランドの商品を買えば映画の無料券がもらえるなど、タイライオンと一体となった戦略を展開する考えだ。

コドモブランドの商品には、練り歯磨きや歯ブラシ、シャンプー、パウダーなどがあり、ブランド全体の販売収入はタイライオンの売上高の約15~20%を占める。サイピン取締役によると、今年は同ブランドの販売収入を前年比20%増の20億バーツに伸ばしたいという。

タイライオンは、ライオンとタイの消費財大手サハ・グループとの合弁会社。東部チョンブリ県シラチャーで工場を運営している。

メジャー・シネプレックスはタイ、ラオス、カンボジアの139カ所に計728スクリーンの複合映画館を展開。年内に800スクリーンまで増やす計画だ。


関連国・地域: タイ
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービスメディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン