ペニンシュラ香港、1Qの客室収入28%増

高級ホテルを経営する香港上海大酒店(ホンコン&シャンハイ・ホテルズ)は9日、主要ホテル「ザ・ペニンシュラ香港」の第1四半期(1~3月)の平均客室収入が前年同期比28%増の4,717HKドル(約6万6,000円)に上ったと発表した。前四半期(昨年10~12月)比では1.1%増えた。客室稼働率は前年同期から4ポイント上昇の80%。平均宿泊料金は21.1%上昇の5,883HKドルだった。香港の観光市況が改善したためと分析した。

その他地区の平均客室収入は、アジアが13.6%増の1,901HKドル。ザ・ペニンシュラバンコクが好調だったほか、ザ・ペニンシュラ北京(王府半島酒店)の改修完了が押し上げた。米国・欧州の平均客室収入は2.7%増の3,511HKドル。

客室稼働率はアジアが2ポイント上昇の70%、米国・欧州が横ばいの63%となった。

平均宿泊料金はアジアが10%上昇の2,699HKドル、米国・欧州が3.9%上昇の5,600HKドルだった。

一方、同社が香港に持つ賃貸物件の1~3月の入居率は、オフィスが4ポイント下落の94%、商業施設が2ポイント下落の88%。住宅は3ポイント上昇の95%だった。1平方フィート(約0.09平方メートル)・1カ月当たりの平均賃料収入は、オフィスが3.5%上昇の59HKドル、住宅が2.2%上昇の46HKドル。商業施設は0.6%下落の172HKドルとなった。

同社の郭敬文(クレメント・クォック)最高経営責任者(CEO)は、第1四半期の業績は予想を上回り、2018年は力強いスタートを切ったとコメントした。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

日系集まる複合ビル正式開業 香港ランド、中間層の消費つかむ(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

宝飾の英皇、既存店売上高は2桁の伸び(05/25)

マカオの小売売上高、1Qは25.7%増(05/25)

あしたのチーム、香港現法設立(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

契約労働時間の導入保留、ガイドライン作成(05/25)

小反発、資源銘柄に買い戻し=香港株式(05/25)

3件のIPO申請を無効に、SFC(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン