• 印刷する

世界最大規模の地熱発電、3号機が商業運転

九州電力や伊藤忠商事、国際石油開発帝石(INPEX)などが共同出資する、インドネシア・北スマトラ州のサルーラ地熱発電所の3号機(出力10万9,000キロワット)が4日、商業運転を開始した。稼働済みの1、2号機を合わせた総発電容量は33万キロワットとなり、世界最大規模になる。九州電力などが9日発表した。

サルーラ地熱発電所は、インドネシア第4の都市、北スマトラ州メダンから南へ約350キロメートルの位置にある。事業会社サルーラオペレーションズには、九州電力、伊藤忠、INPEXのほか、インドネシア地場企業メドコ・パワー・インドネシア、米オーマット・テクノロジーズが出資する。1号機は2017年3月に、2号機は同年10月に、それぞれ商業運転を開始、国営電力PLNに30年間売電する。

九州電力は、30年までに海外の発電事業持ち分出力を500万キロワットに拡大する目標を掲げており、サルーラ地熱発電所の持ち分取得により約158万キロワットとなった。

世界最大規模となるサルーラ地熱発電所。写真は2、3号機(九州電力ホームページから)

世界最大規模となるサルーラ地熱発電所。写真は2、3号機(九州電力ホームページから)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

クアラタンジュン港にクレーン3基が到着(12/14)

11月のセメント販売量、伸び率が大幅鈍化(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン