• 印刷する

中国カセン、首都テーマパーク隣接地を取得

皮革加工や家具製造、観光開発などを手掛ける中国浙江省の企業、カセン・インターナショナル・ホールディングス(カ森国際控股、カ=上の下にト)は8日、カンボジアの首都プノンペン郊外の面積約12万平方メートルの農地を取得すると発表した。取得額は1,308万米ドル(約14億3,500万円)になる見通し。

関連会社のファン・ウォーターパークを通じて取引する。同社は今年1月、隣接する面積15万4,886平方メートルを取得。テーマパークの開発を予定している。同社は今回取得する用地の地目変更を行った上で、今後テーマパーク事業に付随する不動産開発を進める計画だ。

カセンは4月、カンボジアのアットウッド・インベストメントと合弁で、シアヌークビル州ストゥンハブ国際港経済特区(SEZ)に重工業団地を建設することなどで合意した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

次の乾期は電力安定、エネルギー相が予想(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日本法務総研、カンボジアの司法学院と覚書(01/24)

新型コロナウイルス、水際対策の強化要請(01/24)

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン