独シーメンス、工場向け発電事業参画を検討

ドイツの総合電機大手シーメンスは、フィリピンで工業団地向けの発電事業への参画を検討している。フィリピン政府による、工業団地や経済区向けの発電所を既存の石油火力からガス火力に切り替える政策に応えるためで、提携先候補と協議中という。8日付マニラブレティンが伝えた。…

関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 電機その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン