オリジン、NSW州揚水発電所の拡張検討

オーストラリアのエネルギー大手オリジン・エナジーが、ニューサウスウェールズ(NSW)州イラワラに保有するショールヘイブン(Shoalhaven)揚水発電所を拡張し、240メガワット(MW)の発電量を2倍に増やす可能性を明らかにした。総工費は2億5,000万豪ドル(約205億円)で、来年初めに投資決定を下した後、2021/22年度の稼働開始を目指す。8日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

同揚水発電所は国内にある揚水発電所3カ所のうちの1つで、オリジンが13年にNSW州の同業エラリング・エナジーを買収した際に取得した。カンガルーバレー地区に出力80MWのタービン2基、ベンディーラ地区に40MWのタービン2基を保有しているが、オリジンは拡張計画において、カンガルーバレーに80MWのタービンを2基追加するか、地下に出力235MWのタービンを新たに設置するか、2つの案を検討している。

電力市場では、再生可能エネルギーによる発電が増える中、電力貯蔵への需要が高まるとともに、迅速に対応可能な発電設備が求められている。オリジンが保有するエラリング石炭火力発電所は、最大出力に達するまでに約12時間、ガス火力発電所では約20分を要するが、ショールヘイブン揚水発電所は3分以内に最大出力に達することが可能だ。

オリジンは20年までに、再生可能エネルギー市場におけるシェアを現在の約10%から3倍に拡大する目標を掲げている。ショールヘイブン揚水発電所の拡張計画に関しては現在、プレ事業化調査を進めており、向こう数カ月以内に本格的な事業化調査の開始を目指している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、日本…(06/20)

NSW州予算、黒字39億$超 家族に配慮、ファンドも設立(06/20)

政府の新エネ政策「弱すぎる」、野党が批判(06/20)

オリジン、発電権取得時の税控除で当局提訴(06/20)

再生エネ発電コスト低下、排出減目標容易に(06/20)

資源リオ、WA州の新鉄鉱山開発に着手へ(06/20)

サウス32とハンコック、買収に20億$投資へ(06/20)

LNG輸出業者の国内供給増、ガス価格安定(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

WA港バース建設、改めて関心表明を募集か(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン