• 印刷する

オリジン、NSW州揚水発電所の拡張検討

オーストラリアのエネルギー大手オリジン・エナジーが、ニューサウスウェールズ(NSW)州イラワラに保有するショールヘイブン(Shoalhaven)揚水発電所を拡張し、240メガワット(MW)の発電量を2倍に増やす可能性を明らかにした。総工費は2億5,000万豪ドル(約205億円)で、来年初めに投資決定を下した後、2021/22年度の稼働開始を目指す。8日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

同揚水発電所は国内にある揚水発電所3カ所のうちの1つで、オリジンが13年にNSW州の同業エラリング・エナジーを買収した際に取得した。カンガルーバレー地区に出力80MWのタービン2基、ベンディーラ地区に40MWのタービン2基を保有しているが、オリジンは拡張計画において、カンガルーバレーに80MWのタービンを2基追加するか、地下に出力235MWのタービンを新たに設置するか、2つの案を検討している。

電力市場では、再生可能エネルギーによる発電が増える中、電力貯蔵への需要が高まるとともに、迅速に対応可能な発電設備が求められている。オリジンが保有するエラリング石炭火力発電所は、最大出力に達するまでに約12時間、ガス火力発電所では約20分を要するが、ショールヘイブン揚水発電所は3分以内に最大出力に達することが可能だ。

オリジンは20年までに、再生可能エネルギー市場におけるシェアを現在の約10%から3倍に拡大する目標を掲げている。ショールヘイブン揚水発電所の拡張計画に関しては現在、プレ事業化調査を進めており、向こう数カ月以内に本格的な事業化調査の開始を目指している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン