• 印刷する

テイクオフ:できたらいいなのタイム…

できたらいいなのタイムトラベル、それをかなえてくれるのが新興国だ。先進国の成功事例を発展途上の国に投入し、比較的低リスクで事業を展開する「タイムマシン経営」は、とっさに思い浮かぶものでも数多い。

東南アジアで目立つのは、ドイツ系IT企業が立ち上げた、電子商取引(EC)プラットフォーム。中国大手への売却で利益を上げた。乱暴に捉えると、先進国・日本の歴史上ではやったサービスを東南アジアに投入することは、ほぼ全てがタイムマシン経営だろうか。

ただ、日本人ベンチャーキャピタリストいわく、最後に勝つのはいつでもどこでも地場系。「コピーキャット」などとからかわれることもあるが、地元の心をつかむのは現地出身者なのだそうだ。グラブによるウーバーの東南アジア事業の買収劇みたいなことが、今後も増えるかもしれない。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:話す内容は過激だとして…(03/03)

変異株、南ア型を初確認 コロナ感染再拡大に警戒高まる(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

コロナ感染新たに2067人、計58万442人(03/03)

シノファーム、ワクチン緊急使用を申請(03/03)

ワクチン接種に証明書発行、法案成立で(03/03)

学年末を1カ月延長、7月10日まで(03/03)

国民ID登録、第1段階で2000万人完了(03/03)

二輪車の分割購入、一括払いより25%高(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン