テイクオフ:東南アジアにいると、日…

東南アジアにいると、日本人のルーツの一つがこの地域だと思えてくる。日本の友人や知人にそっくりな人とすれ違うことがあるためだ。

妻の出身地であるインドネシア・バリ島で昔、鳥を捕まえるとりもちをつけた長い棒を持って歩いていた男性の顔が、高校時代からの友人にそっくりで驚いたことがある。友人にはありえない状況や服装だったが、顔や体格は俳優の柴俊夫さんに少し似た友人と瓜二つだった。

最近、会社近くの喫煙者のたまり場で、本社にいる同僚とよく似た人を見かける。中華圏をこよなく愛する同僚だが、よく似た人は中国系ではなさそう。お笑いタレントの名倉潤さんにも少し似ている。お兄さんだと思うが、おネエさんにも見える。オネエ言葉に派手な服装、同僚とは全く雰囲気が違うのに似ているから不思議だ。東アジアに行けば、空似のケースはもっと増えるだろうか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

生保サンライフ、7月からECサイトで販売(17:40)

首都圏水道局、韓国大邱市から事業提案(17:40)

太陽光で飲料水生成、全国8地域に設置へ(17:40)

テイクオフ:脳裏に焼き付いて離れな…(06/25)

日中韓が政府開発援助拡大 インフラ開発、今年は10案件着工(06/25)

首都環状道路C2、トラックの車線規制へ(06/25)

電力インフラの改善、日本が技術協力(06/25)

22年までの輸出振興計画案、最終案が完成(06/25)

卸売物価指数、4月上昇率は6.3%に加速(06/25)

閉鎖中のボラカイ島、前倒しで観光再開も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン