• 印刷する

テイクオフ:東南アジアにいると、日…

東南アジアにいると、日本人のルーツの一つがこの地域だと思えてくる。日本の友人や知人にそっくりな人とすれ違うことがあるためだ。

妻の出身地であるインドネシア・バリ島で昔、鳥を捕まえるとりもちをつけた長い棒を持って歩いていた男性の顔が、高校時代からの友人にそっくりで驚いたことがある。友人にはありえない状況や服装だったが、顔や体格は俳優の柴俊夫さんに少し似た友人と瓜二つだった。

最近、会社近くの喫煙者のたまり場で、本社にいる同僚とよく似た人を見かける。中華圏をこよなく愛する同僚だが、よく似た人は中国系ではなさそう。お笑いタレントの名倉潤さんにも少し似ている。お兄さんだと思うが、おネエさんにも見える。オネエ言葉に派手な服装、同僚とは全く雰囲気が違うのに似ているから不思議だ。東アジアに行けば、空似のケースはもっと増えるだろうか。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン