メラルコの超臨界圧火力発電所、工事に遅れ

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)は、ケソン州マウバンで建設する超臨界圧石炭火力発電所の工事が遅れていると明らかにした。引き渡し時期が2~3カ月遅れる見通しだが、稼働時期は当初予定の2019年半ばに間に合わせる考え。3日付スターなどが伝えた。 発電所の設…

関連国・地域: 韓国フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アルソンズ、発電2事業に440億円投資(06/14)

1Qの金属生産額は12%増、金増産で(06/14)

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

アヤラ子会社、米医療技術会社に出資(06/14)

ジョリビー、米越など海外で出店攻勢(06/14)

コカコーラ、比に容器リサイクル工場建設へ(06/14)

1~4月の外国人旅行者、8.6%増の287万人(06/14)

国内線の航空旅客数、1Qは10%増の709万人(06/14)

グラブ、ハッチバック規制の緩和を要求(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン