• 印刷する

スバン空港新線が開業、今月は無料

マレーシア・クアラルンプール(KL)市内のKLセントラル駅とスランゴール州スバンにあるスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(スバン空港)を結ぶ新鉄道路線「スカイパーク・リンク」が2日、開業した。今月中は運賃が無料となる。3日付サンが伝えた。

新線は、マレー鉄道(KTM)の近郊電車路線ポートクラン線からスバンジャヤ駅で分岐し、終点のスカイパーク・ターミナル駅に至る。駅舎は空港ターミナルから300メートルの位置にある。電車は同駅とKLセントラル駅を28分で結び、途中スバンジャヤ駅にのみ停車する。建設費は5億2,100万リンギ(約145億円)。

新線はスバン空港の利用客にとって新たな交通手段となる。6月初めまでは運転間隔が1時間から3時間、それ以降は1時間に1本の運転となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、越合弁を白紙に 競争回避と会計基準改正が理由か(04/19)

RM=26.9円、$=4.14RM(18日)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

主要指数が16年来の低水準、格下げ臆測響く(04/19)

下着通販サイト白鳩、ラザダに出店(04/19)

政府公用車、ナザ・ベルジャヤ合弁が有力視(04/19)

UEM、HSR駅設置に代わりBRT整備へ(04/19)

5G展示会が開会、首相「3年で実用化」(04/19)

MRCA、小売業界の成長率は4.5%と予測(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン