• 印刷する

スバン空港新線が開業、今月は無料

マレーシア・クアラルンプール(KL)市内のKLセントラル駅とスランゴール州スバンにあるスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(スバン空港)を結ぶ新鉄道路線「スカイパーク・リンク」が2日、開業した。今月中は運賃が無料となる。3日付サンが伝えた。

新線は、マレー鉄道(KTM)の近郊電車路線ポートクラン線からスバンジャヤ駅で分岐し、終点のスカイパーク・ターミナル駅に至る。駅舎は空港ターミナルから300メートルの位置にある。電車は同駅とKLセントラル駅を28分で結び、途中スバンジャヤ駅にのみ停車する。建設費は5億2,100万リンギ(約145億円)。

新線はスバン空港の利用客にとって新たな交通手段となる。6月初めまでは運転間隔が1時間から3時間、それ以降は1時間に1本の運転となる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー半島を北上する高…(01/23)

19年の日系昇給率は4.4% NNA調査、人件費は限界水準に(01/23)

三遠南信、マレーシアで農産物プロモ(01/23)

RM=26.4円、$=4.13RM(22日)(01/23)

半導体シルテラ、自動車産業に軸足(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

包装材トミーパック、ジョ州工場稼働に期待(01/23)

環ボルネオ高速、サラワク側第1区間が完工(01/23)

サラワク州、丸太の輸出禁止を検討(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン